なんでボーカル教室に通うと歌が上手くなるの?

東京オトライフミュージック、チーフディレクター兼ギター講師の岡山です。 今日は、なんでボーカル教室に通うと歌が上手くなるの?どんなことを学ぶの?そんな疑問にお応えする記事を書いてみました。これから、ボーカル教室に通ってみようか、迷っている方は参考にしてみてください! ボーカル教室で歌を習うのは、お医者さんに体を診断してもらうようなものなんです! 『すぐに声が枯れて長く歌えない』 『リズム感がない』 『音程が上手くとれない』 歌を歌う上で色んな悩みがあり、本当はもっともっと上達して人気者になりたいですよね!歌が上手く歌えないのには必ずどこかに原因があります。専門家に診てもらい、原因を突き止め、ト

続きを読む »

音痴を直すには2つの原因知るのが大事って本当?

東京オトライフミュージック、チーフディレクター兼ギター講師の岡山です。 今日は、音痴を直すためのヒントのお話です。 音痴になってしまう原因は大きく分けて2つあります。 その1:脳が正しい音程を把握できていない その2:体が正しい音程を発せる体になっていない 音痴を直すには、どちらに原因があるかを把握して、トレーニングをしていく必要があるんです。では、1つずつ、原因と解決策を書いていきましょう。   音痴の原因その1:脳が正しい音程を把握できていない いわば、コンパスがない状態で海を航海をしている状態です。自分の位置もわからなければ、目的地がどの位置にあるかもわかっていない状態なので、

続きを読む »

裏クリックでリズム感強化できるって本当?

東京オトライフミュージック、チーフディレクター兼ギター講師の岡山です。 本日のギター教室のレッスンでは、右手のストロークのトレーニングをしました。 右手のストロークをきれいにするために、ピッキングをする際の強弱を整えることや、縦のリズムを安定させることがポイントになってきます✌ギター教室でレッスンをしていると、ピッキングは女性は弱くなってしまう傾向(弦を撫でるようにピッキングするような感じ)が、男性は強くなりすぎてしまう傾向があるように感じてます😅   それと、意外と自分で気づかないのが、リズムのよれやタイミングのブレです😁テンポが遅れたり早くなったりすると、安定して聞こえないので、

続きを読む »

喉の使い方や息の量を調整すると楽に声がでるようになる!?

東京オトライフミュージック、チーフディレクター兼ギター講師の岡山です。 現在ボーカルレッスン中でーす! 喉の使い方や息の量を調整しよう☆ 歌の原料は息です。息を声帯で音に変換して歌にします。本日のボーカルレッスンでは、喉に負担の出ない、声の出し方のレクチャーでした。 特に迫力ある曲やアップテンポの曲や音の高い曲を歌うときにありがちですが、力み過ぎて、吐く息の量が多すぎで、喉に負担がかかってしまうんです。特に高い音を出すときって声帯が狭くなっているので、そんなにたくさん息は通りません。吐く息の量を減らすことで、楽になります。 息が多すぎると喉にも負担がかかります。負担がかかった状態で歌いすぎると

続きを読む »

立ち振舞いを事前に確認して万全の体制でライブしよう!

東京オトライフミュージック、チーフディレクター兼ギター講師の岡山です。 本日はライブステージでの立ち振舞いのお話です。 さて、本日のボーカルレッスンでは、5月のオープンマイクの予行練習をしました! 先日のブログでは、間違えたときの対処法を書きましたが、本日のレッスンでは、より堂々と歌っている雰囲気を出すためのコツを伝授しています!   目線はホールクラスの2階席の中央あたりを見るイメージで歌いましょう! 実際にステージに立つとわかるのですが『どこ見たらいいの?』現象が起こります。ステージによっては、照明で客席が見えなかったり、ものすごく近いところにお客さんがいたり、環境が違いますよね

続きを読む »

nana使ってSNSで気軽にギター等とセッションできる!?

東京オトライフミュージック、チーフディレクター兼ギター講師の岡山です。 今日の記事は、新しい音楽活動の形『nana』のご紹介です!   先日、映画関係者が集まる交流会に参加をさせていただきました。 私、一応音楽の仕事をさせていただいてる関係で、アーティストやミュージシャン、作曲家とのつながりが多いのですが、今、色んなご縁を増やしたく、展示会や交流会などに色々参加をしているんです。やはり、色んな世界を知って、視野を広げることで、よりいい音楽が作れるようになったり、いい仕事ができるようになったりするかと思うので、色んな人と話しをしたいなと思っています! 先日の映画交流会でも普通に生活をし

続きを読む »

ステージでは歌を間違えても、上手くごませば、間違えてないように見える?

東京オトライフミュージック、チーフディレクター兼ギター講師の岡山です。   本日は雨です。雨の日はミュージシャンは楽器を運ぶの大変ですよね><特にアコギなどは、ケースが大きかったりするので、傘をさしてもギターケースがかなり濡れてしまったり。大きい傘を使っても、濡れてしまったり。タオルが必須になります。   先日、とある展示会にお邪魔しまして、色々な映像制作会社さんやゲーム会社さんにご挨拶をさせていただきました☆映像やゲームには音やナレーション、BGMが必須になるので、作曲家として何かお力になれないかなと。しかし、展示会は色んな企業さんとお話をさせていただける機会

続きを読む »

歌うときの音の長さ

スタッフOです みなさん歌うときに音の長さについて意識してますか 歌というのは1つ1つの音の入り方や伸ばし方終わり方をどうするかという意識を変えるだけで上手く聞こえたり下手に聞こえてしまったりします 簡単に言うと一つ一つの音の、歌い始め、のばし方、終わらせ方、が大事 「あ~♪」と歌う、入り方だけでも色んな歌いまわしがあります     【色んな歌いまわしパターン】 ●音程は?? きっちり音程ジャストで入るか、しゃくりあげるか、上から落とすように歌うか   ●声量は?? いきなり全開でいくか、ゆっくり大きくなっていくか、ささやくように歌うか   ●伸ばし方は

続きを読む »

しゃくり歌い

スタッフOです 歌の言葉の入り口や次の音に行く時、一瞬ちょっと下や上(だいたい下から)の音程から入って、行きたい音程を出す事を私は勝手に”しゃくり歌い”と名付けています。 ちゃんと名前を知っている方いましたらご教授願います。 R&B、ソウルフル系のシンガーはたくさんこれをやっています ~しゃくり歌いの例~ 西野カナさんの”たとえ どんなに、、、”のサビで言うと たとえ どーんなに どーんなに つーよく ↑          ↑       ↑ の矢印の所、 EXILEさんの “I Wish For You” I wish   I  wish  I  wish  For You ↑   

続きを読む »

喉のメンテナンス

スタッフOです 今日は 喉のメンテナンスについていくつがご紹介をします 実際に歌手として活動を始めると、ついつい喉を酷使してしまったり、上手くなりたい!とがむしゃらに練習をしていたらあら?喉がすかすかいがいが・・声がでない?!なんて事にならないように 売れっ子のシンガーさんでも喉にポリープが出来て手術なんてありますね。どうか大切にしてください ●うがいをしよう! ぬるま湯+海塩少々で数回(ライブ前なのに喉の調子がおかしい!と思ったらうがいをたくさんしてみてください。驚くほど良くなっています。) ●保湿をしよう! お肌と同じで喉も乾燥します。乾燥したな?と思ったらお水を飲んで常に喉が潤った状態が

続きを読む »